「内臓からの歪み」 「普通の歪み」

しかし、8(内臓):2(筋肉・骨格)や9:1で内臓の歪みの勝っている方は、1回やれば10年来の不調がスッキリ!とはいきません。

そういうときには、特に前ページの1)「体の不調のサインであるはずの痛みや凝りを、すでに感じにくくなっている状態」の方が多いですから、1回の施術で、その方の持つ、できる限りのバランスを回復し歪みを整えたとしても、ご自分の体がどう変化したのか感じにくい、分からない方が多いのです。

さらに私の均整法はボキボキバキバキギューギュー系の強い刺激で気持ちよくなってもらうことを目指すものではないですから、何をされているかも分からず、ただ1時間近くあちこちに軽く手を当てられただけで、「これで終わりですか?」「今日は何をして下さったのですか?」と、キョトンとしたお顔で帰られる方もいらしたりします。

そこで、9(内臓):1(筋肉・骨)や8:2の方には、これまでのようなことをご説明し、同じようなタイプの方にかかった時間と照らし合わせた上で「平均して週1回の施術で3ヶ月はみて下さい」などとお伝えすることになります。

たいていの方は声に出さないまでも「えーっ、そんなにかかるの?!」という思いをお持ちになるようです。その後続けて来られるかどうかは強制はせず、お客様にお任せしていますが、根気よくいらして下さる方は、やはり着実によい方向に変わっていきます。

さらに言えば、7(内臓):3(筋肉・骨)くらいの方までならそれほど期間も回数も掛からずに改善が可能ですから、そのようなお客様に分かっていただければいい。9(内臓):1(筋肉・骨)の方には、申し訳ないけれど、こちらのやれること、情報はすべてお伝えしたので、あとは信じて下さるか、また違うところを巡るかはお任せするしかないなというのが、これまでの正直な気持ちでした。

様々な整体院、治療院を巡っていらっしゃる方にアドバイスですが、どんな整体・手技療法でも自分がいったん気に入ったところであれば、1,2回通 って次を探すのではなく、週1回3ヶ月は試すことを基本にしたほうがよいと思います。

全身の細胞が入れ替わっていくのに合わせてよい方向に向かえるよう手を入れていくわけですから、それなりの時間が必要です。気に入った整体・手技であれば、1,2回で見切りをつけずに、ある程度の期間はみて下さい。

例えばとても神秘的な技を使う整体院があったとして、1ヶ月、1年待ちでもあそこにいけば1回でなんとかなるのではないか?と思われるような施術であったとします。

確かに1回で劇的に変わるかもしれませんが、その後その快適さを維持して体調を向上させていくには、その変化を受け止め続けられるだけの体、体力が必要ですから、やはりある程度の繰り返しは必要なのです。

と、そんな半ば説教じみたことを言いたくなるのをグッとこらえた、あとの半分は割り切りの思いもありましたが、あることをきっかけに、それが変わりました。

「普通の歪み」>「内臓からの歪み」

「普通の歪み」>「内臓からの歪み」「普通 の歪み」>「内臓からの歪み」

アトピーの子供達との出会い

アトピーの子供達との出会い アトピーの子供達との出会い


サイトメニュー
「普通の歪み」って? 「肝整」の進め方
「内臓からの歪み」って? 「畑」と「種」を素晴らしくする方法
「普通 の歪み」>「内臓からの歪み」 リンク集
「内臓からの歪み」>「普通 の歪み」 『肝整.net』HOME
アトピーの子供達との出会い  
肝整.net関連サイト
 
Copyright (c) 2007, 肝臓整体『肝整』™の快風身体均整院 All rights reserved.